吉野川ラフティング,シャワークライミング,ネイチャースキー他 アウトドアツアーのODSS四国
HOMEネイチャースキー>ネイチャースキーってなに? ホーム

ネイチャースキーってなに?


ネイチャースキー
ネイチャースキー  『ネイチャースキー』。その名の通りゲレンデを出て自然の中を滑る。軽くて、自由で、そして不安定。
 のんびり雪原を散歩。風を切って爽快に走る。ちょっとした斜面でもアドレナリン全開!
 楽しすぎるヒールフリーの世界へ!

ネイチャースキーってなに?


歩きやすい!

ネイチャースキー ネイチャースキー板  スキー場のゲレンデで普段見かけるスキーは正式には『アルペンスキー』といいます。アルペンスキーでは、プラスチック製の頑丈なスキーブーツ全体をしっかりスキーに固定します。ゲレンデを滑るためのものだから、滑りやすいけど、これで歩こうと思ったら結構たいへん。

 その点、ネイチャースキーは、軽量な革靴の専用シューズを履き、専用のビンディングでこれまた軽量なスキー板に固定します。そして固定するのは爪先だけ。だからとっても快適に歩けます。

雪に沈みにくい!

 一方、歩くスキーで有名なのがクロスカントリースキー(『XCスキー』『クロカンスキー』)。

 XCスキーはとても細くて軽いので、圧雪されたコースを歩くのに適しています。ただ、板が細いので初心者はバランスがとりにくく、また細いので雪に沈みやすいため、森の中や雪原などの天然の深雪を歩くのには向いていません。

 ネイチャースキーはXCスキーよりもずっと太いので、バランスがとりやすく、雪にも沈みにくくできています。雪の中を歩くためによく使われる『スノーシュー』やかんじきと比べても半分くらいしか沈みませんから、平地や緩やかな斜面なら圧倒的に楽!そして速い!なので遠くまで楽に行けるんです。

とっても自由!

ステップソール  ネイチャースキーの板の滑走面には『ステップソール』というウロコ状の凸凹がついています。前進には抵抗なく進み、後ろ向きにはブレーキがかかっています。なので、ゆるやかな傾斜であればそのまま登ったり下ったりが簡単にできます。
ネイチャースキー用ブーツ  ネイチャースキーでは専用シューズを専用ビンディングに取り付けます。爪先の金具をビンディングにはめるだけですので、調整も不要。革靴ですので軽く、しかもソフトなので履き心地も楽チン!もちろんスキー板もアルペンスキーに比べて圧倒的に軽い!
 かかとが固定されていない「ヒールフリー」なので、歩く時や滑るときに特別な操作は一切必要なし!自由度がとっても高いんです!

自然の中を歩く!滑る!こんなに楽しい!

ネイチャースキー ネイチャースキー  自然雪の中での移動手段として人気のスノーシューは急斜面には強いですが、スピードは歩く以上には上がりません。一方ネイチャースキーは滑って行くことができるので、緩やかであれば登りもスノーシューより楽に進むことができ、下りはさらに楽で、おまけに滑る楽しさも味わえる!

 初心者はゲレンデで転ぶと痛かったり、追突されそうで怖かったり、または誰かに見られて恥ずかしかったりしますよね。でもネイチャースキーのフィールドはスキー場と違ってフカフカの雪なので転んだとしても痛くない!むしろ気持ちいい!そして自分たちだけだからいきなり追突されることもない!確かに転ぶことはあるけれど、一緒に行くのは仲間たちだけ。そしてみんな転ぶから、恥ずかしくない!というかみんなで転んで雪にまみれるのが楽しい!
野ウサギの足跡 ヤドリギ ネイチャースキー
 ネイチャースキーで滑るときはアルペンスキーに比べるとやや不安定ですが、逆に感覚の割に実際のスピードは意外と速くないので、実はケガもしにくいのです。

 この冬、そんなネイチャースキーで自然の中に出てみませんか?登ったり滑ったりする合間に絶景に見惚れたり、あるいは野ウサギやリスなど野生動物の足跡や、不思議な森の植物に出あったりできるのもネイチャースキーならではの楽しさです。ツアー後にはきっとあなたもネイチャースキーの楽しさに、どハマりするはず!

ネイチャースキーツアーの持ち物

  ◎必需品 ○あればぜひ △どちらでも
◎冬山用ウェア(スキーウェア可、中間着+レインウェアでも可) ネイチャースキー
◎中間着(フリース、セーター等)
◎アンダーウェア(化学繊維のもの。綿のTシャツなどは寒くなりやすいので適していません。)
◎雪遊び用手袋(スキー・スノボ用など、防水性のあるもの)
◎帽子またはスキー・スノボ用ヘルメット(帽子はニット帽が適しています。防寒および頭部の保護に)
◎サングラス、ゴーグル(雪面の反射は予想以上ですので、雪目防止にぜひ。晴天や薄曇りならサングラス、暗めの曇りや雪の日はゴーグルが快適です。両方お持ちであればその日の天気に合わせて使えるよう、両方お持ち下さい。)
○日焼け止め(日焼けが気になる方はぜひ。雪面の反射は尋常じゃないです)
○バックパック(20~30リットル程度。一人が持つだけでも良いです。なくても可)
○飲み物(意外に汗をかくので、天気の良い日は冷たいペットボトルのドリンクなど)
○保険証のコピー(万一ケガをした時に現地で病院に行く場合にあった方が良いです。ツアー中に携行する必要はありません)
△嗜好品(休憩の際に。お菓子やタバコ&携帯灰皿など)

携行品選びのコツ


 バックパックが重いと後傾になりやすいので、ブーツがやや不安定なネイチャースキーでは後ろに転びやすくなってしまいます。「使わないかもしれないもの」はできるだけ持って行かないようにしましょう。バックパックは暑くなってきた時に中間着を脱いでしまうくらいでOK。飲み物は重い水筒よりもペットボトルをポケットなどに入れた方が転びにくいです。

服装選びのコツ


 ネイチャースキーは全身運動ですので、歩き出すとすぐに暑くなります。気温が低い日は汗をかいた場合に濡れ戻りといっていきなり寒くなることがあります。なので汗をかきそうになったら早めに中間着を脱ぐなど、体温調節のしやすい服装が便利です。
 一番外側には転んだ時のために防水性のあるレインウェアを着た方が良いです。中綿のあるスキーウェアは暖かくなりやすいので、インナーは薄めでも良いと思います。
電話番号0883-84-1131
ツアー&スクールお申込み
スタッフ募集!
施設紹介
ODSS四国概要&マップ
スタッフ紹介

吉野川フィールド情報
祖谷渓フィールド情報
宿泊施設
四国飲み食い情報
さぬきうどん・おすすめの店
観光&温泉
リンク集